コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椋梨俊平 むくなし しゅんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椋梨俊平 むくなし-しゅんぺい

1651-1718 江戸時代前期-中期の武士,治水家。
慶安4年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老福原氏の家臣。厚狭郡(あさぐん)宇部の荒れ地を開発するため,元禄(げんろく)6年蛇瀬(じゃぜ)池を築造。10年に完成した常盤(ときわ)池は満水面積102haという周防(すおう)・長門で最大の溜め池となり,新田350haがひらかれた。享保(きょうほう)3年8月22日死去。68歳。通称は権左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

椋梨俊平の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)江戸時代(年表)安保理決議1695と1718徳川家光ケンペル堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android