植木庚子郎(読み)うえき こうしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植木庚子郎 うえき-こうしろう

1900-1980 昭和時代の官僚,政治家。
明治33年1月28日生まれ。大蔵省にはいり,主計局長をへて昭和20年専売局長官となる。公職追放解除後の27年衆議院議員(当選9回,自民党)。第2次池田内閣・第3次佐藤内閣の法相,第1次田中角栄内閣の蔵相をつとめた。昭和55年3月11日死去。80歳。福井県出身。東京帝大卒。旧姓清水

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android