植村氏(読み)うえむらうじ

世界大百科事典 第2版の解説

うえむらうじ【植村氏】

近世大名。美濃の土岐氏の出で,のち遠江国上村に住するという。徳川家康の祖父清康以来の譜代。1640年(寛永17)家政のとき,大和高取2万5000石となる。2度の分知により,87年(貞享4)以降2万500石。近世後期の家利は奏者番,その子家長は奏者番,寺社奉行,若年寄,老中格などを務め,2万5000石に加増。当主はおおむね従五位下出羽守に叙任。維新後は子爵。【大森 映子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植村氏の関連情報