コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村氏 うえむらうじ

1件 の用語解説(植村氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うえむらうじ【植村氏】

近世大名。美濃の土岐氏の出で,のち遠江国上村に住するという。徳川家康の祖父清康以来の譜代。1640年(寛永17)家政のとき,大和高取2万5000石となる。2度の分知により,87年(貞享4)以降2万500石。近世後期の家利は奏者番,その子家長は奏者番,寺社奉行若年寄,老中格などを務め,2万5000石に加増。当主はおおむね従五位下出羽守に叙任。維新後は子爵。【大森 映子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

植村氏の関連キーワード美濃の家づと植村持益土岐定政土岐洞文土岐富景土岐満貞土岐光信土岐頼貞土岐頼純一柳宣高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

植村氏の関連情報