コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村氏 うえむらうじ

世界大百科事典 第2版の解説

うえむらうじ【植村氏】

近世大名。美濃の土岐氏の出で,のち遠江国上村に住するという。徳川家康の祖父清康以来の譜代。1640年(寛永17)家政のとき,大和高取2万5000石となる。2度の分知により,87年(貞享4)以降2万500石。近世後期の家利は奏者番,その子家長は奏者番,寺社奉行,若年寄,老中格などを務め,2万5000石に加増。当主はおおむね従五位下出羽守に叙任。維新後は子爵。【大森 映子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

植村氏の関連キーワード高取(町)勝浦(市)高取[町]勝浦[市]植村家存高取城跡大和国勝浦城高取藩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植村氏の関連情報