コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村蘆洲 うえむら ろしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村蘆洲 うえむら-ろしゅう

1830-1885 幕末-明治時代の漢詩人。
天保元年生まれ。幕府の与力大沼枕山(ちんざん)にまなぶ。妻は書家高斎単山(こうさい-たんざん)の娘。明治18年8月8日死去。56歳。江戸出身。名は正義。字(あざな)は子順,俊利。著作に「蒼斎詩題」「蘆洲詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

植村蘆洲の関連キーワード島崎 柳塢明治時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android