コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村蘆洲 うえむら ろしゅう

1件 の用語解説(植村蘆洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村蘆洲 うえむら-ろしゅう

1830-1885 幕末-明治時代の漢詩人。
天保元年生まれ。幕府の与力。大沼枕山(ちんざん)にまなぶ。妻は書家高斎単山(こうさい-たんざん)の娘。明治18年8月8日死去。56歳。江戸出身。名は正義。字(あざな)は子順,俊利。著作に「蒼斎詩題」「蘆洲詩鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

植村蘆洲の関連キーワード片口江東木内芳軒鱸采蘭関根痴堂間中雲帆三浦一竿村尾篁山山田新川吉岡星秋楽徳