コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植松包美 うえまつ ほうび

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松包美 うえまつ-ほうび

1872-1933 明治-昭和時代前期の漆芸家。
明治5年11月1日生まれ。植松抱民の子。父に家業の蒔絵(まきえ)の技法をまなび,図案意匠は岸光景の指導をうける。琳派風の意匠をとりいれたが,のち琳派趣味を脱し独自の作風で知られる。日本美術協会展,帝展などで受賞多数。昭和8年11月16日死去。62歳。東京出身。本名は弥太郎。作品に「蜀江錦蒔絵料紙硯箱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

植松包美

没年:昭和8.11.16(1933)
生年:明治5.11.1(1872)
明治から昭和初期の漆芸家。蒔絵師植松抱民の長男。東京生まれ,本名は弥太郎。蒔絵を父抱民に,図案を岸光景に学ぶ。古典蒔絵を研究して,古典の妙味を生かした伝統的で技巧に優れた作品を制作した。本阿弥光悦,尾形光琳に私淑して,意匠様式には琳派趣味のものが多いが,後年琳派風を脱して独自の様式をつくり上げた。明治25(1892)年第1次漆工競技会・褒状,33年パリ万国博・「料紙硯・手箱」出品,大正3(1914)年東京大正博・銅牌,第11・13回帝展・審査員など,漆工界の指導的な役割を果たした。東京谷中の領玄寺に葬られる。<参考文献>『近代日本の漆工芸

(内田篤呉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

植松包美の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android