コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植松包美 うえまつ ほうび

2件 の用語解説(植松包美の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松包美 うえまつ-ほうび

1872-1933 明治-昭和時代前期の漆芸家。
明治5年11月1日生まれ。植松抱民の子。父に家業の蒔絵(まきえ)の技法をまなび,図案意匠は岸光景の指導をうける。琳派風の意匠をとりいれたが,のち琳派趣味を脱し独自の作風で知られる。日本美術協会展,帝展などで受賞多数。昭和8年11月16日死去。62歳。東京出身。本名は弥太郎。作品に「蜀江錦蒔絵料紙硯箱」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

植松包美

没年:昭和8.11.16(1933)
生年:明治5.11.1(1872)
明治から昭和初期の漆芸家。蒔絵師植松抱民の長男。東京生まれ,本名は弥太郎。蒔絵を父抱民に,図案を岸光景に学ぶ。古典蒔絵を研究して,古典の妙味を生かした伝統的で技巧に優れた作品を制作した。本阿弥光悦,尾形光琳に私淑して,意匠様式には琳派趣味のものが多いが,後年琳派風を脱して独自の様式をつくり上げた。明治25(1892)年第1次漆工競技会・褒状,33年パリ万国博・「料紙硯・手箱」出品,大正3(1914)年東京大正博・銅牌,第11・13回帝展・審査員など,漆工界の指導的な役割を果たした。東京谷中の領玄寺に葬られる。<参考文献>『近代日本の漆工芸』

(内田篤呉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

植松包美の関連キーワード日本海軍晩年伊豆の踊子丹下左膳富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone