コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植松抱民 うえまつ ほうみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松抱民 うえまつ-ほうみん

1846*-1899 幕末-明治時代の蒔絵(まきえ)師。
弘化(こうか)2年12月24日生まれ。植松包美の父。はじめ上田喜三郎に,のち梶山重次郎にまなぶ。代表作に明治28年内国勧業博覧会で受賞した「蒔絵三夕歌意文台硯箱」がある。門下に保井抱中,梶芳蔵らがいる。明治32年6月15日死去。55歳。江戸出身。通称は弥吉。屋号は藤屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植松抱民の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android