コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植松抱民 うえまつ ほうみん

1件 の用語解説(植松抱民の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松抱民 うえまつ-ほうみん

1846*-1899 幕末-明治時代の蒔絵(まきえ)師。
弘化(こうか)2年12月24日生まれ。植松包美の父。はじめ上田喜三郎に,のち梶山重次郎にまなぶ。代表作に明治28年内国勧業博覧会で受賞した「蒔絵三夕歌意文台硯箱」がある。門下に保井抱中,梶芳蔵らがいる。明治32年6月15日死去。55歳。江戸出身。通称は弥吉。屋号は藤屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

植松抱民の関連キーワード浅野武経治五右衛門(11代)高田茂三郎土井利教細谷松茂堀親広堀之美巻菱潭山内林斎横川好

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone