植民地議会(読み)しょくみんちぎかい(英語表記)Colonial Assembly

日本大百科全書(ニッポニカ)「植民地議会」の解説

植民地議会
しょくみんちぎかい
Colonial Assembly

アメリカ13植民地の議会。通常、自由民の投票で選ばれる代議院(下院)と、国王または領主が任命する参議会(上院)とからなる。ただし、ジョージアとペンシルベニアには参議会がなく、一院制をとった。選挙権、被選挙権をもつには、財産または納税資格が要求されたが、選挙権は白人成年男子に広く普及していたというのが、今日一般の見解である。議会の発端は、1619年にバージニア会社がタウンやプランテーションの代表を招集したことにあるが、まもなくプリマス植民地、マサチューセッツ植民地も続き、王領・領主・自治植民地を問わず普及した。植民地時代を通じ、総督との対決を繰り返しつつ、立法権と課税権とを実質上掌握するに至った。

[池本幸三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android