コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物岩 ショクブツガン

2件 の用語解説(植物岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくぶつ‐がん【植物岩】

生物岩の一。植物が堆積し、石化してできた岩石。石炭珪藻土(けいそうど)など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

植物岩

植物の生理作用による分泌物または植物体の遺骸によって形成された岩石で,石炭,珪藻土,藻類石灰岩などが含まれる[渡辺編 : 1935].植物によるオパール質珪酸の分泌物.植物が分解した後の土壌にオパール質珪酸が植物の形に従って残っている.これは森林よりも草原地域の方に多く形成される[Birkeland : 1974].植物の残留物からできた岩石をいう.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone