植物性染料(読み)ショクブツセイセンリョウ

大辞林 第三版の解説

しょくぶつせいせんりょう【植物性染料】

植物の花・葉・根・実などに含まれている色素による染料。アイの葉、ムラサキの根、ベニバナの花、クチナシの実などが古くから用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょくぶつせい‐せんりょう ‥センレウ【植物性染料】

〘名〙 植物の花・果実・根・葉などに含まれている色素を抽出して得た染料。藍の茎または葉、露草の花などから藍色をとり、アカネの根、ハゼの材、クチナシの果実、ウコン根茎などから黄色をとるなど。植物染料。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android