コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植田内膳 うえだ ないぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植田内膳 うえだ-ないぜん

?-1636 江戸時代前期の治水家。
駿河(するが)駿東郡(すんとうぐん)上香貫(かみかぬき)村(静岡県沼津市)の人。狩野(かの)川からの灌漑(かんがい)用水の開削工事をおこない,5年の歳月をかけて寛永9年香貫山麓(さんろく)をめぐる用水路を完成。のちこの水路は内膳堀とよばれた。寛永13年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

植田内膳の関連キーワード駿河

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android