コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植田桂南 うえだ けいなん

1件 の用語解説(植田桂南の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植田桂南 うえだ-けいなん

1732-1788 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)17年生まれ。土佐高知藩士。谷真潮(ましお),戸部愿山(げんざん)にまなぶ。暦算,医術,兵法,故実にも通じた。天明8年死去。57歳。名は順。字(あざな)は子和。通称は清之丞。別号に咬菜堂。著作に「桂南漫録」「禦侮録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植田桂南の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺宮永正運カント(年譜)サリエリ朋誠堂喜三二手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone