コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椰子蟹 ヤシガニ

デジタル大辞泉の解説

やし‐がに【×椰子×蟹】

オカヤドカリ科の甲殻類。甲は心臓形で、甲長12センチにも達し、ヤドカリであるが貝殻に入らない。体色は青褐色で、はさみは大きい。沖縄以南の海岸近くの林にすみ、夜行性で落ちているヤシの実などの果実を食べる。幼生は海に放たれ、プランクトン生活を送る。食用。まっかん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やしがに【椰子蟹】

オカヤドカリ科の甲殻類。甲長約13センチメートル、体重は1キログラムを超える。陸生のヤドカリだが腹部を貝殻に入れない。全身紫褐色。幼生は海で育つが、成体は空気呼吸のできる鰓室さいしつをもち、ヤシやタコノキの生える海岸に穴居して、果実を食う。与論島以南の熱帯太平洋とインド洋の島々に分布。マッカンガニ。マッコン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

椰子蟹 (ヤシガニ)

学名:Birgus latro
動物。オカヤドカリ科のヤドカリ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

椰子蟹の関連キーワードタコノキマッコン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android