コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊太真外伝 ようたいしんがいでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊太真外伝
ようたいしんがいでん

太真外伝」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊太真外伝
ようたいしんがいでん

中国、宋(そう)代初期の伝奇小説。楽史(がくし)(930―1007)の作。唐の陳鴻(ちんこう)の『長恨歌伝(ちょうごんかでん)』と同じく、玄宗と楊貴妃(ようきひ)の悲劇を扱い、両者の出会いから、楊貴妃の死後、方士が玄宗にかわって仙界にいる楊貴妃に会いに行き、楊貴妃の伝言を預って戻り、それを玄宗に伝えるくだりまで、筋書きのうえでは『長恨歌伝』とほぼ同じ内容をもつ話だが、作者が歴史に詳しい人物であったためもあって、話中に多くの伝説や異説を折り込み、『長恨歌伝』よりもはるかに詳しい話に仕立てあげられている。[高橋 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楊太真外伝の関連キーワード唐宋伝奇集楊貴妃楽史高橋

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android