楊太真外伝(読み)ようたいしんがいでん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊太真外伝
ようたいしんがいでん

中国、宋(そう)代初期の伝奇小説。楽史(がくし)(930―1007)の作。唐の陳鴻(ちんこう)の『長恨歌伝(ちょうごんかでん)』と同じく、玄宗と楊貴妃(ようきひ)の悲劇を扱い、両者の出会いから、楊貴妃の死後、方士が玄宗にかわって仙界にいる楊貴妃に会いに行き、楊貴妃の伝言を預って戻り、それを玄宗に伝えるくだりまで、筋書きのうえでは『長恨歌伝』とほぼ同じ内容をもつ話だが、作者が歴史に詳しい人物であったためもあって、話中に多くの伝説や異説を折り込み、『長恨歌伝』よりもはるかに詳しい話に仕立てあげられている。[高橋 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android