コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳鴻 ちんこうChen Hong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳鴻
ちんこう
Chen Hong

中国,中唐の文学者。字,大亮。貞元 21 (805) 年進士に及第,太常博士,虞部員外部を経て主客郎中に進んだ。史学に長じ,『大統紀』を編修したが,伝奇小説『長恨歌伝』の作者として知られる。『長恨歌伝』は,元和1 (806) 年友人の白居易と仙遊寺で玄宗楊貴妃のロマンスを語り合い,それを小説化したもので,白居易は『長恨歌』として詩にうたった。ほかに伝奇小説『東城老父伝』があるが,一説では別人の作とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳鴻
ちんこう

生没年不詳。中国、中唐の史学者、小説作者。805年(永貞1)に進士に合格、歴史書『大統記』を書き、尚書主客郎中になった。806年友人の白居易(はくきょい)および王質夫(おうしつふ)(ちゅうしつ)(陝西(せんせい)省)の仙遊寺に遊び、玄宗(げんそう)と楊貴妃(ようきひ)のロマンスを語り合い、『長恨歌伝(ちょうごんかでん)』を書いた。『長恨歌伝』は「長恨伝」ともいい、王質夫が白居易に勧めて長編物語詩『長恨歌』をつくらせたあと、陳鴻にその解説として書かせたものである。内容は、愛する元献皇后や武淑妃(ぶしゅくひ)を失って落胆していた玄宗は、楊玄(ようげんえん)の娘を貴妃に冊立(さくりつ)して寵愛(ちょうあい)する。楊一族は権勢を振るい、ことに楊国忠は宰相となって専横の行為が多く、ついに安禄山(あんろくざん)の乱を引き起こす。玄宗は成都に亡命の途中、馬隗亭(ばかいてい)で軍人に迫られて貴妃を殺す。乱後、玄宗は貴妃を忘れられず、道士に彼女の魂を捜させる。伝言と証拠の金の釵(かんざし)と螺鈿(らでん)の盒子(ごうす)を得た玄宗はいよいよ悲しみに暮れる、という筋。[内山知也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陳鴻の関連キーワード楽しみ尽きて哀しみ来たる楽しみ尽きて哀しみ来る時移り事去る楊太真外伝長生殿張大千篆刻

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陳鴻の関連情報