コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊岐方会 ようぎほうえ Yang-qi Fang-hui

2件 の用語解説(楊岐方会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊岐方会
ようぎほうえ
Yang-qi Fang-hui

[生]淳化3(992)
[没]皇祐1(1049)? 潭州
中国,宋の禅僧。臨済宗の一派,楊岐派の祖。袁州宜春の人。石霜慈明に従って法を受け,臨済第8世の正統を継承。袁州楊岐山に住して宗風を宣揚し,晩年は潭州雲蓋山海会寺に移り住んで同寺で没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊岐方会
ようぎほうえ
(992―1049)

中国、北宋(ほくそう)代の禅僧。臨済(りんざい)宗楊岐派の派祖。俗姓は冷氏。宜春(ぎしゅん)(江西省)の人。南源山(なんげんざん)で慈明楚円(じみょうそえん)に参じ、師が潭州(たんしゅう)(湖南省)道吾(どうご)山、石霜山に移るに従って補佐し、のち悟りを開き嗣法(しほう)する。袁(えん)州(江西省)楊岐山普通院で宗風を振るい、五家七宗の一派に数えられるに至った。のちに1046年、潭州(湖南省)雲蓋山海会寺(うんがいさんかいえじ)に住した。弟子に白雲守端(はくうんしゅたん)、保寧仁勇(ほねいじんゆう)がいる。楊岐派は中国において大きな勢力をもち、日本に伝わった禅の24流のうち20流も占めて、禅宗を代表する勢いとなった。[石井修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楊岐方会の関連キーワード階乗基底淳化閣帖エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.《欽定重刻淳化閣帖》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone