楡家の人びと(読み)ニレケノヒトビト

デジタル大辞泉「楡家の人びと」の解説

にれけのひとびと【楡家の人びと】

北杜夫長編小説。第1部および第2部は「新潮」誌で昭和37年(1962)から昭和39年(1964)にかけて連載。これに書き下ろしの第3部を加えて昭和39年に刊行。同年、第18回毎日出版文化賞受賞。トマス=マン小説ブッデンブローク家の人々」を下敷きに、著者自身の家族をモデルとして書かれた作品。大正から昭和の時代を背景に、ある精神科医の一族の3代にわたる歴史と没落を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android