コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極偏東風 キョクヘントウフウ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐へんとうふう【極偏東風】

南極および北極地域の高気圧帯から吹き出し、地球の自転の影響で東から西に吹く風。極風。→偏東風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極偏東風
きょくへんとうふう

北極圏または南極圏に準定常的に存在する極高気圧から極低圧帯に向かって吹く偏東風。中緯度偏西風との間に北極前線または南極前線を形成する。鉛直の厚さは薄く、通常1~3キロメートル程度である。アリューシャン低気圧やアイスランド低気圧の北側を除くと、不規則で不明確なことが多い。寒帯東風、極東風、極風とよばれることもある。[倉嶋 厚・青木 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の極偏東風の言及

【偏東風】より

…赤道地帯と極地の対流圏下層にみられる東から西に向かって吹く帯状流を指す。それぞれ赤道偏東風,極偏東風と呼ばれている。(1)赤道偏東風 亜熱帯高気圧の低緯度側にみられる東風で,風速は一般に偏西風よりはるかに弱く,偏東風域は上空に行くほどせばめられているが,赤道付近では対流圏全層にわたって東風になっている。…

※「極偏東風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

極偏東風の関連キーワード亜寒帯多雨気候大気の大循環

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android