コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極印千右衛門 ごくいん せんえもん

2件 の用語解説(極印千右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

極印千右衛門 ごくいん-せんえもん

1680-1702 江戸時代前期の無頼者。
延宝8年生まれ。雁金(かりがね)文七,庵(あん)の平兵衛,布袋(ほてい)市右衛門,神鳴(かみなり)庄九郎とともに,金品強奪や喧嘩(けんか)などで大坂市中をあばれまわる。他の4人とともに捕らえられ,元禄(げんろく)15年8月26日刑死。23歳。この5人組は,のち歌舞伎などに脚色され,雁金五人男の名でつたえられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極印千右衛門
ごくいんせんえもん

江戸時代、大坂の侠客(きょうかく)五人男の一人。極印屋正三郎の倅(せがれ)。浪速(なにわ)五人男とは千右衛門のほか、雁金(かりがね)文七、庵(あんの)平兵衛、雷(かみなり)庄九郎、ほての市右衛門をいう。彼らは市中で恐れられた無頼者で、1702年(元禄15)8月26日(一説では16日)、大坂・道頓堀(どうとんぼり)千日(せんにち)において死罪獄門となる。『摂陽奇観』によると、1701年6月6日の夜、北久太郎町において、喜兵衛と五郎という者と、勘兵衛と市兵衛との喧嘩(けんか)のところへやってきた、五人男の一人庵平兵衛が懐剣を喜兵衛の肋骨(ろっこつ)に突き刺した事件によって五人男が捕えられる。また同書では、千右衛門の墓は雁金文七とともに大坂高津の正法寺境内にあるとされている。享年は23歳。[芳井敬郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極印千右衛門の関連キーワード万霊光誉庵の平兵衛金道(2代)神鳴庄九郎雁金文七蝶々子(1)髭の無休菱田成信菱田房貞布袋市右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone