コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極限設計 きょくげんせっけいlimited design

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極限設計
きょくげんせっけい
limited design

塑性設計ともいう。静的な力 (荷重) を受ける機械や構造物の強度設計にあたって,機械や構造物の全体または一部の変形が際限なく増大する傾向を示すときの荷重 (崩壊荷重) を基準にすること。物体内での応力の勾配が著しいときは,高い応力を示す局部が降伏しても周囲には多くの弾性領域が残存して拘束するので,全体には塑性変形が進まない。このような場合には,弾性限度を基準にするよりも,崩壊荷重をとるほうが高い応力値で設計できるので,合理的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

極限設計の関連キーワード極限設計法塑性設計法塑性

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android