際限(読み)さいげん

精選版 日本国語大辞典 「際限」の意味・読み・例文・類語

さい‐げん【際限】

〘名〙 時間空間程度などで、これ以上ないという限界。かぎり。きりはて。否定の語を伴って用いることが多い。
方丈記(1212)「その前後に死ぬるもの多く、また河原白河、西の京、もろもろ辺地などを加へていはば、際限もあるべからず」 〔敦煌歌辞総編‐雑曲

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「際限」の意味・読み・例文・類語

さい‐げん【際限】

移り変わっていく状態最後のところ。きり。かぎり。はて。「際限なく続く話」
[類語]限り果て果てしきり最後限界限度極限最大限手一杯目一杯頭打ちきわ上限下限北限ぎりぎりリミット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「際限」の読み・字形・画数・意味

【際限】さいげん

はて。

字通「際」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android