際限(読み)さいげん

精選版 日本国語大辞典「際限」の解説

さい‐げん【際限】

〘名〙 時間、空間、程度などで、これ以上ないという限界。かぎり。きり。はて。否定の語を伴って用いることが多い。
※方丈記(1212)「その前後に死ぬるもの多く、また河原、白河、西の京、もろもろの辺地などを加へていはば、限もあるべからず」 〔敦煌歌辞総編‐雑曲〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「際限」の解説

【際限】さいげん

はて。

字通「際」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android