コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾性限度 ダンセイゲンド

百科事典マイペディアの解説

弾性限度【だんせいげんど】

弾性限界とも。固体が完全な弾性を保つ最高限の応力。応力がこれを越えると応力をとり去った後も永久変形が残る(塑性)。しかし小さい応力でも完全な弾性を保つ材料は少ないので,工業上は実用上無視できる永久ひずみの値(0.001〜0.01%)を規定し,これを生ずる限度の応力を弾性限度と定める。→弾性率
→関連項目降伏点引張試験

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の弾性限度の言及

【弾性】より

…これは塑性と呼ばれ,原子どうしのつながりがつなぎ替えを起こし,新しい安定な配置に移ることによるものである。弾性を示す応力の限度を弾性限度という。ふつう液体や気体では一般の変形に対しては弾性を示さないが,静水圧による体積の変化に対しては弾性を示す。…

※「弾性限度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

弾性限度の関連キーワードひずみ時効(歪時効)弾性ヒステリシスフックの法則引張り試験圧縮試験モアレ法疲労破壊緩和現象材料試験SN曲線極限設計弾性余効弾性変形弾性体耐力強度疲れ延性ばね

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android