弾性限度(読み)だんせいげんど

百科事典マイペディアの解説

弾性限界とも。固体が完全な弾性を保つ最高限の応力。応力がこれを越えると応力をとり去った後も永久変形が残る(塑性)。しかし小さい応力でも完全な弾性を保つ材料は少ないので,工業上は実用上無視できる永久ひずみの値(0.001〜0.01%)を規定し,これを生ずる限度の応力を弾性限度と定める。→弾性率
→関連項目降伏点引張試験

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物質が完全に弾性を保つ応力の最高限。物体に作用している応力が一定限度以上に達すると、応力を除去してもひずみは永久ひずみとして残る。この永久ひずみが生じない限度をさす。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の弾性限度の言及

【弾性】より

…これは塑性と呼ばれ,原子どうしのつながりがつなぎ替えを起こし,新しい安定な配置に移ることによるものである。弾性を示す応力の限度を弾性限度という。ふつう液体や気体では一般の変形に対しては弾性を示さないが,静水圧による体積の変化に対しては弾性を示す。…

※「弾性限度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android