コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原勘解由 さかきばら かげゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原勘解由 さかきばら-かげゆ

1810-1868 江戸時代後期の武士。
文化7年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士大番頭(おおばんがしら)で佐幕派指導者のひとり。鳥羽・伏見の戦いののち,幼藩主徳川義宜(よしのり)とともに旧幕府軍に合流しようとしたという理由で,慶応4年1月20日元藩主慶勝(よしかつ)の命により斬られた(青松葉事件)。59歳。名は正帰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

榊原勘解由

没年:明治1.1.20(1868.2.13)
生年:文化7(1810)
幕末の尾張(名古屋)藩士。尾張徳川家には佐幕派の隠然たる勢力があり,その指導者のひとり。鳥羽・伏見の戦ののち,幼年の藩主義宜を擁して旧幕軍に合流する策謀を進めたとの嫌疑で,元藩主慶勝の命により斬に処せられた。この事件は青松葉騒動と呼ばれ,真相はいまだ十分に明らかではない。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

榊原勘解由の関連キーワード渡辺新左衛門石川内蔵允没年

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android