コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎並貞因 えなみ ていいん

美術人名辞典の解説

榎並貞因

江戸中期の俳人。大坂生。宮内庁御用達の大坂御堂前の菓子商。永田貞柳・紀梅音の父、榎並貞富の兄。通称は鯛屋善右衛門、別号に長閑堂、白后斎。貞門安原貞室に学ぶ。元禄13年(1700)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榎並貞因 えなみ-ていいん

1627-1700 江戸時代前期の俳人。
寛永4年生まれ。永田貞柳,紀海音(きの-かいおん)の父。榎並貞富の兄。宮中御用達(ごようたし)の大坂御堂前(みどうまえ)の菓子商。貞門の安原貞室にまなび,談林派とも交流して大坂俳壇に重きをなした。狂歌も得意とした。元禄(げんろく)13年3月23日死去。74歳。元和(げんな)7年生まれ,享年80歳とする説もある。通称は鯛屋善右衛門。別号に長閑堂,白后斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

榎並貞因の関連キーワード長閑堂貞因貞因

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android