コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榾/榾柮 ホタ

デジタル大辞泉の解説

ほた【×榾/榾柮】

《「ほだ」とも》炉やかまどでたくたきぎ。小枝や切れなど。 冬》「おとろへや―折りかねる膝頭/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほた【榾】

〔「ほだ」とも〕
囲炉裏や竈かまどでたく薪たきぎ。掘り起こした木の根や樹木の切れはし。ほたぐい。ほたぎ。 [季] 冬。 《 -煙顔をそむけて手で払ふ /池内友次郎 》
大きな材木。また、地面に倒れて朽ちた樹木。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

榾/榾柮の関連キーワードスミレウロコタケ(菫鱗茸)チャウロコタケ(茶鱗茸)チャコブタケ(茶瘤茸)キウロコタケ(黄鱗茸)スエヒロタケ(末広茸)ノグルミ(野胡桃)エノキタケ(榎茸)シイタケ(椎茸)トリコデルマホルトノキ池内友次郎シイタケ多代女砂の物アコウ囲炉裏樹木膝頭榾杙凍餒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android