コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリ

デジタル大辞泉の解説

くり【×栗】

ブナ科の落葉高木。山地に生え、葉は長楕円形で先がとがる。6月ごろ、黄白色のにおいの強い雄花の穂をつけ、その基部に雌花をつける。種子はふつう3個、いがに包まれた実を結ぶ。種子は食用、材は枕木や建材に、樹皮・いがは染料に用いる。品種が多く、果樹として栽培。クリ属には12種があり、甘栗で知られるチュウゴクグリや、ヨーロッパグリ・アメリカグリなどがある。 実=秋 花=夏》「―食むや若き哀しき背を曲げて/波郷

りつ【栗】[漢字項目]

人名用漢字] [音]リツ(漢) [訓]くり
〈リツ〉
果樹の名。クリ。「栗子(りっし)」
おののく。「股栗(こりつ)
〈くり(ぐり)〉「栗色栗飯甘栗毬栗(いがぐり)
[難読]団栗(どんぐり)栗鼠(りす)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

くり

?-1728 江戸時代中期の農婦。
甲斐(かい)田中村(山梨県一宮町)の人。おさなくして孤児となり,長じて農民安兵衛にとつぐ。享保(きょうほう)13年の大洪水の際,身動きできぬ病気の夫の側をはなれず,ともに溺死(できし)。幕府にその行為をたたえられ,文政12年(1829)田中村に碑がたてられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くり【栗】

ブナ科の落葉高木。山中に生え、また果樹として栽植。雌雄同株。葉は狭長楕円形。六月頃、数個の雌花と黄白色の雄花穂をつけ、秋、いがに包まれた果実は食用。材は重硬で、腐りにくく建築土台・枕木・家具用。 [季] 秋。 《 古寺や-を埋けたる縁の下 /鬼貫 》 〔「栗の花」は [季] 夏。《日高きに宿もとめ得つ-の花/虚子》〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

栗 (クリ)

学名:Castanea crenata
植物。ブナ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

栗[果樹類]
くり

関東地方、茨城県の地域ブランド。
主にかすみがうら市石岡市笠間市で生産されている。茨城県の栗の生産量は全国一。1897(明治30)年頃から栽培がおこなわれいる。現在でも先人から蓄積された栽培技術を用い、高品質な栗栽培が実践されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

栗の関連キーワード西明寺栗マロングラッセ八木岡 新右衛門栗羊羹・栗羊羮マロングラッセ一杯のかけそば八木岡新右衛門チェスナット栗柯亭木端栗蒸し羊羹栗きんとんダバダ火振中仙道山路東京ローズ千年山人栗鹿の子栗羊かん栗の子餅くりざさ栗かの子関東地方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗の関連情報