槌打(読み)つちうち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 布織物を平らな木または石の台(砧(きぬた))にのせて、槌で打ち、布に光沢や柔らかさを出すこと。また、それをする人。綿織物に用いられる仕上法で、現在は打布機で行なう。きぬた打ち。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 油搾木(あぶらしめぎ)の男柱にくさびを打つこと。また、それをする人。
※浮世草子・好色万金丹(1694)一「油屋の槌打(ツチウチ)の娘、臼のめきりのむすめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android