権利落相場/権利付相場(読み)けんりおちそうば/けんりつきそうば

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

権利落相場/権利付相場

株主割当や株式分割など新株が発行される場合、新株の割当期日を確定できる最終売買日までは、新株の割当を受けられる権利を含んだ価格で取引される。通常、権利付き最終日には、権利取りを狙った買いが集まりやすくなるため、その直前の安い水準のときに株式を購入する動きが高まるケースが目立ち、株価が強含みに推移、これを「権利付き相場」という。逆に、「権利落ち相場」は、株式分割や配当金など、株式に付随する株主の権利を、株主として確保できる最終売買日の翌日以降の相場のことをいう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android