コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権利落相場/権利付相場 けんりおちそうば/けんりつきそうば

1件 の用語解説(権利落相場/権利付相場の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

権利落相場/権利付相場

株主割当や株式分割など新株が発行される場合、新株の割当期日を確定できる最終売買日までは、新株の割当を受けられる権利を含んだ価格で取引される。通常、権利付き最終日には、権利取りを狙った買いが集まりやすくなるため、その直前の安い水準のときに株式を購入する動きが高まるケースが目立ち、株価が強含みに推移、これを「権利付き相場」という。逆に、「権利落ち相場」は、株式分割や配当金など、株式に付随する株主の権利を、株主として確保できる最終売買日の翌日以降の相場のことをいう。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権利落相場/権利付相場の関連キーワード親株新株新株引受権有償増資株主割当旧株子株新株落ち割当日(わりあてび)新株発行

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone