横井礼以(読み)よこい れいい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横井礼以 よこい-れいい

1886-1980 大正-昭和時代の洋画家。
明治19年10月1日生まれ。大正3年「遊歩場」で文展初入選。以後二科展にも出品。昭和22年熊谷守一(くまがい-もりかず)らと第二紀会を創立。のち名古屋造形芸術短大教授。俳画風の作品をかいた。昭和55年6月22日死去。93歳。愛知県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は礼一。別号に礼市。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android