コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横倒し ヨコダオシ

デジタル大辞泉の解説

よこ‐だおし〔‐だふし〕【横倒し】

《「よこたおし」とも》
横に倒すこと。また、横に倒れること。「電車が脱線して横倒しになる」
レスリングで、反動を利用して相手を抱き込み、頭と両足とでからだを弓なりにさせて相手をあおむけにする技。横崩(くず)し。
無法なことを押し通すこと。
「今日より女房にするから、いなす事はならぬと銀(かね)にする気の―」〈浮・世間猿〉
代金や借金などをふみたおすこと。
「証文のない事ぢゃと思うて―に出るのか」〈伎・桑名屋徳蔵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よこだおし【横倒し】

〔「よこたおし」とも〕
横に倒すこと。また、横に倒れた状態。 「自転車が-になる」
理不尽なこと。無法なこと。 「悪党と云ふものは…そんな-なあ事を云て/塩原多助一代記 円朝
支払いを踏み倒すこと。 「証文のない事ぢやと思うて-に出るのか/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

横倒しの関連キーワードハイム(Albert Heim)日野BD型バス(ブルーリボン)キウロコタケ(黄鱗茸)横転・横顛・横顚塩原多助一代記フェルゲンツ押し被せ構造下布田遺跡見たようだ余目ねぎ横樽音頭ヒルギ冥王星カレイ太陽系天王星過褶曲顔文字どしり馬車

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横倒しの関連情報