コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転倒/顛倒 テントウ

デジタル大辞泉の解説

てん‐とう〔‐タウ〕【転倒/×顛倒】

[名](スル)《古くは「てんどう」とも》
さかさまになること。また、さかさまにすること。「上下関係が―する」「主客―」「本末―」
倒れること。「つまずいて―する」
あわてふためくこと。動転。「気が―する」
《「てんどう」と読む》仏語。正しい理に反すること。道理にそむく考え。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

転倒

英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1974)。原題《Knock-Down》。競馬界を舞台にしたシリーズの第13作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

転倒/顛倒の関連キーワードsafety Bindingtowel gathermagnet plug牛追い牛に追われるカタストロフィー牛追い牛に追わる腹を剖き珠を蔵すロールオーバー有るにも有らず散歩にゴーの日モンテギア骨折脳脊髄液減少症臨床評価指標最長不倒距離転倒予防の日かっぱつ体操カーダンパー転倒温度計突っ張り棒寺から里へ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android