コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横尾兵蔵 よこお ひょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横尾兵蔵 よこお-ひょうぞう

?-? 幕末の一揆(いっき)指導者。
出羽(でわ)村山郡(山形県)野川村の博徒。慶応2年(1866)7月25日同地方松前藩領東根(ひがしね)村一帯でおきた世直し一揆(兵蔵騒動)の頭取のひとり。「天下儀士」の名で名主豪農のもとへおしかけ,打ちこわしをおこなった。29日に捕らえられたが,処分は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android