横山春芳(読み)よこやま はるよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山春芳 よこやま-はるよし

1651-1733 江戸時代前期-中期の和算家。
慶安4年生まれ。大和(奈良県)松山藩主織田信休(のぶやす)につかえて計吏となる。元禄(げんろく)8年信休の丹波柏原(かいばら)(兵庫県)移封(いほう)にしたがい,各村の豊凶を検査し定免法をさだめた。享保(きょうほう)のころ郷里の大和沢村にしりぞき「算法大会」数冊をあらわした。享保18年7月26日死去。83歳。通称は半太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android