コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山春芳 よこやま はるよし

1件 の用語解説(横山春芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山春芳 よこやま-はるよし

1651-1733 江戸時代前期-中期の和算家。
慶安4年生まれ。大和(奈良県)松山藩主織田信休(のぶやす)につかえて計吏となる。元禄(げんろく)8年信休の丹波柏原(かいばら)(兵庫県)移封(いほう)にしたがい,各村の豊凶を検査し定免法をさだめた。享保(きょうほう)のころ郷里の大和沢村にしりぞき「算法大会」数冊をあらわした。享保18年7月26日死去。83歳。通称は半太夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横山春芳の関連キーワードポーランド史天野信景アウグスト[2世]塩尻堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone