コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定免法 じょうめんほう

百科事典マイペディアの解説

定免法【じょうめんほう】

検見法(けみほう)に対する江戸時代の徴税法。過去数年間の平均収量を基準にして一定期間の貢租豊凶にかかわらず定額にする方法。幕府享保改革に際し収入増大を図るための安定政策として採用し,全国にも普及した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定免法
じょうめんほう

検見法(けみほう)と並び江戸時代を代表する徴租法の一つ。一村ごとに過去数か年の年貢の平均を算出し、これをもとに相応の年貢高を決定し、3か年・5か年・10か年などの一定期間、作柄の豊凶にかかわりなく徴収する方法。ただし大凶作の際は、村からの出願に基づき検見を行い、減免(破免)の措置がとられた。この徴租法は、江戸前期からみられたが、享保(きょうほう)の改革(1716~45)において幕府に採用され、全国の幕領で施行されるところとなり、年貢増徴に大きな役割を果たした。しかしこの徴租法は生産力の発展に即応できるものではなかったため、農民の手元に余剰を残す条件ともなっていった。[大石 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

定免法の関連キーワード江戸時代(年表)保科正之松平乗穏横山春芳徳川吉宗定免破免

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android