コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山由清 よこやま よしきよ

5件 の用語解説(横山由清の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

横山由清

国学者。通称保三、号は月舎。月の屋桂子の養子。江戸の人。本間遊清に師事する。元老院少書記官を務めた。著書に『皇位継承篇』『刑法篇』等がある。明治12年(1879)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山由清 よこやま-よしきよ

1826-1879 幕末-明治時代の国学者。
文政9年生まれ。横山桂子(かつらこ)の養子。国学を本間游清(ゆうせい)に,和歌を井上文雄にまなび,和学講談所教授となる。維新後は昌平学校史料編修,大学中助教,元老院少書記官などを歴任。法律制度の整備,「旧典類纂(るいさん)」の編集に従事した。明治12年12月2日死去。54歳。江戸出身。本姓は塚越。通称は保三(やすぞう)。号は月舎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

横山由清

没年:明治12.12.2(1879)
生年:文政9(1826)
幕末明治初期の国学者,法制史家。通称,保三。号,月舎。塚越敬明の子として江戸に生まれる。女性歌人横山桂子に和歌を学び,その養子となって横山姓を名乗る。のち和歌を井上文雄に,国学を本間游清,伊能穎則に学んだ。国史典故に詳しく,古代律令を得意とした。和学講談所教授を務め,維新後は新政府に招かれて制度局御用掛語箋編輯となった。蘭学にも詳しく,東西の法律制度の知識を生かして日本の近代法律制度の整備に尽力した。8年,元老院少書記官になると,黒川真頼らと『旧典類纂』の「皇位継承篇」「刑法篇」「戸籍篇」などの編纂に従った。晩年は東京帝国大学で日本古代法制史を講じた。

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よこやまよしきよ【横山由清】

1826‐79(文政9‐明治12)
幕末・維新期の国学者。江戸の人。通称保三。横山氏の養子となる。国学を本間游清,伊能穎則に,また和歌を義母桂子,井上文雄に学ぶ。国史典故,歌学に精通する。和学講談所教授となる。明治維新後は昌平学校史料編修掛,大学中助教,制度局御用掛,元老院少書記官などを歴任。この間,法律制度の調査研究に従う。黒川真頼らと《旧典類纂》の編集にも尽力する。晩年は東京大学法学部で日本古代法制史を講義した。著書に《歴朝政治沿革史》《貨幣度量権衡考》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横山由清
よこやまよしきよ

[生]文政9(1826)
[没]1879
江戸時代末期~明治の国学者。井上文雄の門に入り,語学を修め,『活語自他捷覧』 (1857) を著わした。ほかに『魯敏遜 (ロビンソン) 漂行紀略』 (57) の訳書などもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横山由清の関連キーワード飯田正隆伊藤和兌井上頼圀関常明鍋島誠中田薫法制史石井良助赤井水雄滝川政次郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone