コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊能穎則 いのう ひでのり

2件 の用語解説(伊能穎則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊能穎則 いのう-ひでのり

1805-1877 江戸後期-明治時代の国学者。
文化2年10月生まれ。神山魚貫(なつら),小山田与清(ともきよ)らにまなぶ。嘉永(かえい)元年生地下総(しもうさ)佐原(千葉県)での呉服商をやめ江戸で開塾。小中村清矩(きよのり)らにおしえた。明治2年大学大助教。のち香取(かとり)神宮少宮司(ぐうじ),権少教正(ごんのしょうきょうせい)。明治10年7月11日死去。73歳。通称は三右衛門。号は梅宇。著作に「日本史類名称訓」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊能穎則

没年:明治10.7.11(1877)
生年:文化2(1805)
幕末・明治初期の神官,国学者,歌人。通称,三右衛門,三造など。号蒿村,梅宇(雨)。古樸にして時世に適さないの意で人が「天孫降臨時人」と呼んだのをまた号とした。下総国香取郡佐原村(佐原市)の呉服商の家に生まれた。神山魚貫に国学を学ぶ。嘉永1(1848)年江戸に出て,小山田与清,井上文雄,平田銕胤らに学ぶかたわら自らも家塾を開いて教授した。同5年『香取四家集』を編集刊行。これは楫取魚彦,永沢躬国,沢近嶺,椿仲輔といった香取出身の歌人の歌を集めたものである。翌年佐原に帰り,香取尚古館学師,香取神宮神職を勤めた。明治1(1868)年維新後の東京に出て新政府の神祇官を勤め,翌年大学大助教となり,『令義解』を明治天皇に進講した。8年香取神宮少宮司。著書に『大日本史名称訓』『香取鹿島二宮祭神説』などがある。<参考文献>「伊能穎則伝」(『風俗画報』169号)

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊能穎則の関連キーワード伊藤和兌井上頼圀鎌垣春岡宇都宮真名介山本由之国学者加茂季鷹赤井水雄狩野利房佐々鶴城

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone