コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山蘭蝶 よこやま らんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山蘭蝶 よこやま-らんちょう

1795-1815 江戸時代後期の漢詩人。
寛政7年7月14日生まれ。横山政孝の妻。夫とともに数おおくの漢詩をつくる。難産のため文化12年1月25日21歳で死去するまで200首余の詩をのこす。同年,そのなかの100首に夫の詩100首をあわせた「海棠(かいどう)園合集」が刊行された。ほかに遺稿集「断香集」がある。加賀(石川県)出身。本姓は津田。名は桂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

横山蘭蝶 (よこやまらんちょう)

生年月日:1795年7月14日
江戸時代後期の女性。漢詩人
1815年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

横山蘭蝶の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android