コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山鈴翁 よこやま れいおう

美術人名辞典の解説

横山鈴翁

江戸後期の数奇者。岐阜生。名は卓寛、字は栗甫、別号を嶺秀軒右峯、七右衛門と称する。茶道を嗜み、鑑識に富む。また絵画・製陶を能くし、特に黒楽を得意とした。著に『花押拾遺』。明治8年(1875)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山鈴翁 よこやま-れいおう

1801-1875 江戸時代後期の茶人。
享和元年生まれ。茶道,絵画,製陶にひいで,また仏像,古器などに造詣(ぞうけい)がふかく,鑑識にもすぐれた。秘蔵の古鈴にちなんで鈴翁と称した。明治8年2月22日死去。75歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は卓寛。字(あざな)は栗甫。通称は七右衛門。別号に嶺秀軒,右峯。著作に「花押拾遺」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横山鈴翁の関連キーワード茶人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android