コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横田準松 よこた のりとし

2件 の用語解説(横田準松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横田準松 よこた-のりとし

1734-1790 江戸時代中期の武士。
享保(きょうほう)19年生まれ。幕臣。本家横田清松の養子。本丸小納戸,西丸小姓をへて本丸御用取次見習,安永2年側衆御用取次にすすむ。田沼意次(おきつぐ)の幕政をささえ,天明7年9500石に加増されたが,打ちこわしが激化した際,将軍徳川家斉(いえなり)の問いにいつわって平穏無事とこたえ罷免された。寛政2年3月7日死去。57歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

横田準松

没年:寛政2.3.7(1790.4.20)
生年:享保19(1734)
江戸中期の側衆御用取次。和泉守,筑後守。父栄松,母は大淵玄通の娘。本家の清松の養子となる。本丸小納戸,西丸小納戸,同小姓から本丸に復し,小姓組番頭格,御用取次見習に進み,安永2(1773)年側衆御用取次に昇進する。将軍側近として田沼意次の政治を支えた。天明7(1787)年5月に加封され9500石となったが,同月下旬に江戸打ちこわしが起きたとき,将軍徳川家斉が様子を問うたのに,江戸の町々は平穏無事だと偽り答えたことを咎められ罷免された。田沼失脚(1786)後,幕政の空白状態が続いたが,横田罷免で妨害されていた松平定信の老中就任が決まり,政局は一気に動いた。

(山田忠雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横田準松の関連キーワード新見正路進藤長房側衆御用取次稲葉正明尾崎称斎加野和泉守西村和泉(初代)水野忠友山脇和泉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone