横笛草紙(読み)よこぶえぞうし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横笛草紙
よこぶえぞうし

御伽草子(おとぎぞうし)。作者未詳。室町時代の成立。平重盛(しげもり)に仕える斎藤滝口(たきぐち)は建礼門院(けんれいもんいん)の侍女横笛を見初(みそ)め、やがて深い恋仲となったが、滝口の父は二人の結婚を許さない。世をはかなんだ滝口は嵯峨(さが)の往生院に遁世(とんせい)し、尋ねてきた横笛にもふたたび会おうとしなかった。横笛は絶望のあまり大堰(おおい)川に投身して果て、滝口は因果の身を悲しんで高野山(こうやさん)へ上り仏道修行に専念した。『平家物語』で知られる話と同材で、中世に数多い悲恋遁世談のなかでも、とくに哀れな物語として長く人口に膾炙(かいしゃ)した。[松本隆信]
『市古貞次校注『日本古典文学大系38 御伽草子』(1958・岩波書店) ▽大島建彦校注・訳『日本古典文学全集36 御伽草子集』(1974・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android