コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝口 たきぐち

8件 の用語解説(滝口の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝口
たきぐち

平安,鎌倉時代,宮中の警衛にあたった武士蔵人所に属する。詰所が清涼殿の東北方の御溝水 (みかわみず) の落ちる滝口にあったのでこの名がある。宇多天皇の寛平年間 (889~898) に設置された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たき‐ぐち【滝口】

滝が落ちはじめる所。滝の落ち口。
清涼殿の北東にある、御溝水(みかわみず)の落ちる所。
平安・鎌倉時代、蔵人所(くろうどどころ)に属し、2詰め所にいて、宮中の警衛に当たった武士。滝口の武士。

たきぐち【滝口】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「滝口」姓の人物
滝口修造(たきぐちしゅうぞう)
滝口悠生(たきぐちゆうしょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

滝口【たきぐち】

平安・鎌倉時代,蔵人所(くろうどどころ)に属して禁中の警衛にあたった武士。清涼殿の北東方にある御溝水(みかわみず)の落ちるところを滝口といい,そこに詰めていたので滝口と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たきぐち【滝口】

蔵人所(くろうどどころ)に属する禁中警衛の武士。宮中清涼殿の北東,御溝水(みかわみず)の落ちるところを宿所としていたので,滝口の武者といわれた。宇多天皇の寛平年間(889‐898)にはじめて置かれ,はじめ10人,のち20人となり,白河天皇の代には一時30人に増員された。五位,六位の武勇ある侍のなかから,ことに弓術に秀でた者を補し,宮中の警衛にあたるほか,天皇の乗船に供奉し,また諸種の雑役にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たきぐち【滝口】

滝の流れ落ちる所。
清涼殿の北東にある御溝水みかわみずの落ち口。
に詰めていたことから〕 平安・鎌倉時代、蔵人所くろうどどころに属し、宮中の警護にあたった武士。滝口の武士。

たきぐち【滝口】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝口
たきぐち

平安・鎌倉時代、蔵人所(くろうどどころ)の被管として置かれた内裏(だいり)勤番の武士。寛平(かんぴょう)年間(889~898)に創設された。その員数は当初10人であったが、のちには20~30人も置かれ、源平重代の者が補せられた。その名は、清涼殿(せいりょうでん)の北、承香殿(しょうきょうでん)に行く北廊付近の御溝水(みかわみず)の落ち口(滝口)に滝口の陣があり、そこに詰めていたことに由来する。その任命は、とくに弓矢の上手な者を試験して採用し、月初めに提出する昼夜の出勤日数を記入した月奏(げっそう)によって勤務を評定された。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の滝口の言及

【蔵人所】より

…供御物貢進の体制は,その後11世紀後半以降再び大きく改革され,中世的な御厨と供御人(くごにん)の体制が成立するが,蔵人所はひきつづき供御人に対する裁判権を掌握し,その本家的な存在として,彼らの活動を保護する一方で,彼らの奉仕による収入を重要な経済基盤とした。
[蔵人所の職員]
 蔵人所には別当,蔵人頭,蔵人,非蔵人,雑色(ぞうしき),所衆,出納,小舎人(こどねり),滝口鷹飼等の職員が置かれた。別当(1名)は蔵人所の総裁である。…

※「滝口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滝口の関連キーワード赤目四十八滝滝野布引の滝滝下滝台滝波町滝谷滝山町滝[温泉]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝口の関連情報