横道世之介

デジタル大辞泉プラスの解説

横道世之介

吉田修一の小説。2008年~2009年にかけて毎日新聞に連載。2009年刊行。翌2010年、第23回柴田錬三郎賞受賞、また同年の第7回本屋大賞にて3位入賞。2013年、沖田修一監督により映画化。

横道世之介

2013年の日本映画。吉田修一による同名小説の映画化。長崎から上京してきたお人よしの青年と周囲の人々の関わりを描く。監督:沖田修一、脚本:沖田修一・前田司郎。出演:高良健吾吉高由里子、池松壮亮、綾野剛、伊藤歩ほか。1980年代後半の東京を舞台に、上京してきた若者と仲間の青春時代とその後の人生を描く。第56回ブルーリボン賞作品賞、TAMA映画賞最優秀作品賞、フランス・KINOTAYO現代日本映画祭グランプリなど、受賞多数。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横道世之介の関連情報