コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田修一 ヨシダシュウイチ

2件 の用語解説(吉田修一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐しゅういち〔‐シウイチ〕【吉田修一】

[1968~ ]小説家。長崎の生まれ。法政大学卒業後、アルバイト生活を経て創作の道に入る。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。他に「最後の息子」「熱帯魚」「パレード」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田修一 よしだ-しゅういち

1968- 平成時代の小説家。
昭和43年9月14日生まれ。平成9年デビュー作「最後の息子」で文学界新人賞。14年「パレード」が山本周五郎賞。同年「パーク・ライフ」が5度目の芥川賞候補となり,受賞。「悪人」で19年毎日出版文化賞,20年大仏(おさらぎ)次郎賞。22年「横道世之介」で柴田錬三郎賞。23年「悪人」で李相日とともにキネマ旬報ベスト・テン日本映画脚本賞。長崎県出身。法政大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田修一の関連キーワードプロヴォークプレート・テクトニクスネオソム須藤為五郎いすゞ117クーペPA90型アニマル1五月革命オリンピックゾンドドゥルーズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田修一の関連情報