コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田修一 ヨシダシュウイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田修一 よしだ-しゅういち

1968- 平成時代の小説家。
昭和43年9月14日生まれ。平成9年デビュー作「最後の息子」で文学界新人賞。14年「パレード」が山本周五郎賞。同年「パーク・ライフ」が5度目の芥川賞候補となり,受賞。「悪人」で19年毎日出版文化賞,20年大仏(おさらぎ)次郎賞。22年「横道世之介」で柴田錬三郎賞。23年「悪人」で李相日とともにキネマ旬報ベスト・テン日本映画脚本賞。長崎県出身。法政大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田修一の関連キーワード7月24日通りのクリスマスパークライフ山本周五郎賞9月14日横道世之介妻夫木聡東京湾景川口覚怒り吉田悪人

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田修一の関連情報