コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横隔膜弛緩症 おうかくまくしかんしょう diaphragmatic eventration

1件 の用語解説(横隔膜弛緩症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横隔膜弛緩症
おうかくまくしかんしょう
diaphragmatic eventration

麻痺,萎縮,形成不全などにより,横隔膜の緊張が欠如して胸腔側に異常に高挙し,腹部臓器が胸腔内部に侵入する状態。先天性と後天性とがある。成人では左側,小児では右側に多い。大多数は無症状だが,咳,呼吸困難気管支炎などの急性呼吸器症状嚥下困難,悪心,嘔吐,腹部膨満感などの消化器症状のほか,動悸,頻脈などもみられることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横隔膜弛緩症の関連キーワードしゃっくり臼蓋形成不全ミドリフ先天性横隔膜ヘルニア奇異性横隔膜現象リッテンの横隔膜現象脳形成不全性水頭症髄鞘形成不全性腺形成不全症横隔膜 (diaphragm)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone