樹心(読み)ジュシン

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅ‐しん【樹心】

〘名〙 木のしん。樹木の幹や枝の中心部分
※天変地異(1868)〈小幡篤次郎〉雷避の柱の事「山吹の樹心にて小き玉を作り」 〔白居易‐寓意詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android