コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺山舎人 かばやま とねり

1件 の用語解説(樺山舎人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺山舎人 かばやま-とねり

1832-1912 幕末-明治時代の武士,司法官。
天保(てんぽう)3年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩士。文久3年(1863)薩英戦争ののち,薩摩(さつま)藩の重野安繹(やすつぐ)らとともにイギリス代理公使との和議交渉にあたる。戊辰(ぼしん)戦争では佐土原隊隊長として鳥羽(とば)・伏見の戦いに参加。明治2年佐土原藩権大参事,のち検事。明治45年3月14日死去。81歳。名は久舒(ひさのぶ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樺山舎人の関連キーワード光の科学史マンスフェルトスコット雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎バーブ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone