コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺山舎人 かばやま とねり

1件 の用語解説(樺山舎人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺山舎人 かばやま-とねり

1832-1912 幕末-明治時代の武士,司法官。
天保(てんぽう)3年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩士。文久3年(1863)薩英戦争ののち,薩摩(さつま)藩の重野安繹(やすつぐ)らとともにイギリス代理公使との和議交渉にあたる。戊辰(ぼしん)戦争では佐土原隊隊長として鳥羽(とば)・伏見の戦いに参加。明治2年佐土原藩権大参事,のち検事。明治45年3月14日死去。81歳。名は久舒(ひさのぶ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

樺山舎人の関連キーワード岡田善長麻見義修鈴木大高田小次郎滝川俊蔵常井邦衛鍋島茂昌鍋島直暠柳園満糸藁谷英孝