コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺山舎人 かばやま とねり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺山舎人 かばやま-とねり

1832-1912 幕末-明治時代の武士,司法官。
天保(てんぽう)3年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩士。文久3年(1863)薩英戦争ののち,薩摩(さつま)藩の重野安繹(やすつぐ)らとともにイギリス代理公使との和議交渉にあたる。戊辰(ぼしん)戦争では佐土原隊隊長として鳥羽(とば)・伏見の戦いに参加。明治2年佐土原藩権大参事,のち検事。明治45年3月14日死去。81歳。名は久舒(ひさのぶ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樺山舎人の関連キーワード明治時代樺山久舒司法官

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android