コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺山資之 かばやま すけゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺山資之 かばやま-すけゆき

?-? 幕末の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。嘉永(かえい)5年(1852)江戸詰となり,水戸藩の藤田東湖らとまじわる。井伊直弼(なおすけ)襲撃の計画にくわわったが,決行前に帰藩。長州桂小五郎(木戸孝允(たかよし))らと連絡をとり,薩・長の尊攘派(そんじょうは)連合への気運をつくった。通称は三円(さんえん),瀬吉郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樺山資之の関連キーワード樺山三円薩摩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android