橋本五郎右衛門(読み)はしもと ごろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本五郎右衛門 はしもと-ごろうえもん

1635-1717 江戸時代前期-中期の殖産家。
寛永12年生まれ。家は豊後(ぶんご)府内(大分市)の商家。寛文年間(1661-73)に琉球のある島からイグサ(七島藺(しちとうい))の苗をもちかえり,栽培に成功。特産の「豊後表(おもて)」を生みだすもととなった。後年その功をたたえ,青島神社がたてられた。享保(きょうほう)2年死去。83歳。没年は一説に享保12年。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android