コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本五郎左衛門(読み)はしもと・ごろうざえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

橋本五郎左衛門

没年:享保12(1727)
生年:寛永13(1636)
江戸時代,特産品となる七島青筵の原料である七島藺を豊後(大分県)へ移植した功労者。豊後府内藩(大分市)を代表する豪商橋本屋の4代目八左衛門資次の弟。七島藺の豊後への移植に情熱を傾けたのは,薩摩で一見した青筵の商品価値を見抜いたからである。寛文初年,苦労の末,トカラ列島の一島より苗と熟練者を伴い帰藩し,豊後諸藩における一大商品生産の基礎を作った。文化2(1805)年青島大明神として私的に祭られ,明治14(1881)年青島神社として公許され,産業の神として崇敬された。没年を享保2(1717)年とする説がある。<参考文献>『大分県史蹟名勝天然記念物調査報告書』12輯

(安藤保)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android