橋爪功(読み)はしづめ いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋爪功 はしづめ-いさお

1941- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和16年9月17日生まれ。都立青山高を卒業後,文学座研究所(昭和37年座員に昇格)に入る。38年劇団「雲」に入団。50年演劇集団「円」設立に加わる。平成14年「シラノ・ド・ベルジュラック」で,23年「ザ・キャラクター」で読売演劇大賞優秀男優賞。24年「ゴドーを待ちながら」「ウエアハウス-circle」で紀伊国屋演劇賞。映画では平成4年「おいしい結婚」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞,9年「お日柄もよくご愁傷さま」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。テレビドラマ(「京都迷宮案内」「新・赤かぶ検事奮戦記」など),ナレーション(「剣客商売」など)でも活躍。大阪府出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

橋爪 功


芸名
橋爪 功

性別
男性

生年月日
1941/09/17

星座
おとめ座

干支
巳年

血液型
O

出身地
大阪府

身長
168cm

体重
63kg

職種
タレント・俳優・女優

資格・免許
普通自動車/普通二輪

プロフィール
5歳でデビュー。高校卒業後の1961年、文学座付属研究所に入所。1963年、現代演劇協会付属劇団「雲」に加入。1975年に脱退。故芥川比呂志、岸田今日子らとともに演劇集団「円」の設立に参加。その後、舞台『スカパンの悪だくみ』で注目を浴びる。舞台に限らず、TVドラマ・映画・バラエティ番組・CMなど多方面で活躍。主な出演作品に、舞台『ヘンリー4世』『から騒ぎ』、NHK『結婚泥棒』、日本テレビ『松原完治お金ちょうだい致します』、TBS『ザ・ガードマン』、フジテレビ『不毛地帯』、テレビ朝日『京都迷宮案内』『新・赤かぶ検事奮戦記』、テレビ東京『旅行作家・茶屋次郎』『和泉教授夫妻シリーズ』、映画『東京家族』『余命』『居酒屋ゆうれい』『ボクが病気になった理由』、ナレーション『素敵な宇宙船地球号』など多数。

代表作品
舞台『ゴドーを待ちながら』(ヴラジミール役) / 映画『永遠の0』(井崎源次郎役) / ANB『陽はまた昇る』(校長 内堀清二郎役)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橋爪功の関連情報