コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘岑継 たちばなの みねつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘岑継 たちばなの-みねつぐ

804-860 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)23年生まれ。橘氏公(うじきみ)の子。母は仁明(にんみょう)天皇の乳母田口真仲。おさないころは学問をこのまなかったが,天皇のなげきをきいて発憤し,精進したといわれる。承和(じょうわ)11年参議,のち中納言となった。正三位。貞観(じょうがん)2年10月29日死去。57歳。名は峯継ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘岑継の関連キーワードアルクイヌス請来目録唐の時代(年表)か黒い空海皇大神宮儀式帳最澄咲く花の猟弓さ寝す

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone