コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘岑継 たちばなの みねつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘岑継 たちばなの-みねつぐ

804-860 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)23年生まれ。橘氏公(うじきみ)の子。母は仁明(にんみょう)天皇の乳母田口真仲。おさないころは学問をこのまなかったが,天皇のなげきをきいて発憤し,精進したといわれる。承和(じょうわ)11年参議,のち中納言となった。正三位。貞観(じょうがん)2年10月29日死去。57歳。名は峯継ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橘岑継の関連キーワード請来目録アルクイヌス唐の時代(年表)アルクイン大相撲空海皇太神宮儀式帳最澄止由気宮儀式帳藤原良房

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android